ほくろ治療はクリニックが最適!肌に優しく確実にほくろを除去

自分に合う施術法を決める

カウンセリング

ほくろの治療法

ほくろの治療法には、さまざまあります。ほくろの状態によって適した施術方法があるので、自分のほくろはどのほくろ治療が適しているのか知っておきましょう。また、施術方法によって保険適用可能の場合と、保険適用が不可能な場合があります。施術の特徴をそれぞれ紹介するとともに、どの施術が保険に含まれるかもご紹介します。まず、保険が適用される施術から見てみましょう。
クリニックによって適用されないケースもありますが、メスを用いた施術は、保険が適用されるます。それが、切開法と、電気メスによる施術です。切開は、ほくろの周りの皮膚を切り取るシンプルな施術であり、大きく盛り上がったほくろをしっかり取る事が出来ます。保険適用が可能で大きなほくろの切除を得意とする切開法ですが、縫合する必要があるため肌になるべく負担をかけたくないと考える方にはおすすめ出来ません。ただ、そこまで大きくない5mm以下のほくろであれば電気メスでほくろ除去を行うと良いでしょう。電気メスは切開を行いつつ、同時に凝固作用も行えるので止血する必要がありません。したがって、縫合する事もなく肌にかかる負担は最小限に抑えられます。保険適用を考えている場合は、切開法または電気メスでほくろ治療を考えてみましょう。
自由診察でもかまわない、という方は炭酸ガスレーザーでほくろ治療を行いましょう。炭酸ガスレーザーが効果を発揮するのは、複数の小さいほくろです。ほくろは顔に細かく出来る場合もあります。1度出来たほくろをなくすのは難しく、毎日化粧で隠すのも大変です。炭酸ガスレーザーはレーザーによってほくろ部分のみに反応するので、他の皮膚を気付つける心配はありません。例え赤いほくろでも反応して除去してくれるので、数の多いほくろも安心です。ただ、ほくろの状態が良性か悪性か確かめたい場合、炭酸ガスレーザーではほくろを検査に提出する事は出来ません。ほくろの状態によって適した治療法があり、カウンセリングを行った結果別のほくろ治療が適している場合もあります。なので、まずはクリニックでほくろの状態を診てもらい、どの治療を受けるべきかドクターを相談する事がベストでしょう。

Copyright© 2019 ほくろ治療はクリニックが最適!肌に優しく確実にほくろを除去 All Rights Reserved.