ほくろ治療はクリニックが最適!肌に優しく確実にほくろを除去

看護師

必ずクリニックで治療する

気になるほくろが出来た場合は、必ずクリニックでほくろ治療を行ないましょう。そのほうが肌に優しく、確実にほくろを除去します。ほくろ治療は、クリニックによって保険適用が可能な場合とそうでない場合がありますので気を付けましょう。

カウンセリング

自分に合う施術法を決める

ほくろ治療には、施術方法によって保険診療と自由診療に分けられます。自分がどの治療を受けるべきかほくろも状態によって異なるため、まずはドクターに相談し適切なほくろ治療を受ける事が望ましいでしょう。

カウンセリング

予約前に知っておこう

体に出来たほくろを取りたいものの、クリニックに行くのをためらっていませんか?ほくろ治療はクリニックなら短時間で終える事が出来ます。気になるほくろ治療はクリニックで行ない、ほくろ治療で抑えておきたい知識を知りましょう。

女性

毎日のケアが大切

ほくろ治療を行いほくろを除去しても、また新たなほくろが体に出来ると何度治療を行なってもキリがありませんよね。ほくろ知らずの体になるには、日頃からの対策が大切です。紫外線対策を行い、肌のターンオーバーを正常にしましょう。

女性

良いクリニックを探そう

ほくろ治療は数分で終わる事もあるため、どのクリニックで受けても結果は同じと思われがちです。しかし、良質なクリニックとは技術の高さだけでなく、患者に寄り添えているかどうかも必要です。気持ちよく治療を終えるためにもクリニックはこだわりましょう。

ほくろに関心を持とう

看護師

ほくろの種類

ほくろは当たり前の様に体に出来ているため、ほくろについて詳しく調べた経験がない人も多いでしょう。ほくろと言えば、基本的に黒色になっているものが多いです。これは単純黒子と呼ばれ、メラニン色素が肌に蓄積された事で出来やすくなります。メラニンは紫外線から作られます。そして、普段私たちが生活するうえで紫外線を浴びる機会は多くありますね。そのため、黒いほくろが出来やくなるのは当たり前の事なのです。しかし、ほくろが出来る原因は他にもあります。ほくろには赤色のほくろもあり、一見シミと見分けにくい事があり、赤いほくろが出来る原因は虫刺されによるものです。皮膚になんらかの刺激が加わる事で、ほくろとなるのです。

悪性のほくろに注意

ほくろは基本的に良性のものであり、悪さをする事はありません。しかし、一見ほくろのように思えても、ほくろではない場合もあるのです。それが、悪性腫瘍であるメラノーマです。メラノーマは皮膚がんの仲間であり、放置すると他の部分に転移し死に至るケースもあります。ほくろとメラノーマを見分けるには、状態を良く見る事です。ほくろがハッキリとした輪郭で現れている反面、メラノーマはいびつな形です。色もうっすらとしている場合もあります。症状が進むと判別しやすくなりますが、初期段階だと見分けがつきにくいでしょう。もしもほくろかメラノーマか判断しにくい場合は、とにかくクリニックで早めにほくろ治療を受けましょう。

メラノーマにならないように

良性のほくろから悪性腫瘍であるメラノーマに変化する場合があります。変化する原因は、外部からの刺激によるものです。刺激が加わる事でほくろが悪性化する事もあるので、ほくろを押したり爪をたてないようにしましょう。まれにほくろから毛が生えている事もありますが、気になっても抜かないようにしましょう。気になる場合は、はさみで短く切り、なるべく刺激を与えないようにする事です。

Copyright© 2019 ほくろ治療はクリニックが最適!肌に優しく確実にほくろを除去 All Rights Reserved.